淡路島ではピンス焼きとして有名ですが、関東では、ベビーカステラと呼ばれたり、玉子焼きといわれたりします。
淡路島では、中が半熟具合のトロリとした甘みが有名ですが、関東は小麦粉の半生状態は、お腹を下すと心配して、焼けていません。半生です。とクレームになる土地柄です。ですので、淡路島だけのソウルフードというわけです。なぜピンス焼きといわれているのか?これは麻雀パイの筒子に似てるので、その呼び名をつけようとしたと聞き及んでいます。

投稿を表示

あん巻きは江戸時代、愛知県知立の東海道五十三次の宿場町から生まれました。江戸に行く途中に腹持ちのいい大き目のお菓子が好まれたようです。